オーストラリア、シドニーのファイナンシャル・プランニング、税務会計、住宅ローン

購入までのプロセス

購入までのプロセス

1. 借入限度額を知る

不動産購入を検討される際に最初にすべきことは現在の自分たちの収入でいくらまで借りられるかを知ることではないでしょうか。

できれば20%の頭金を用意してLenders Mortgage Insuranceの負担を避けたいところです。また、注意したいのは購入までは転職を控えることです。というのも好条件のホームローンが適用されるためには最低2年以上雇用されているという条件がほとんどの金融機関で求められるからです。

まだお子様のいない共働き世代が一番借入額が高くなる可能性があります。さらに性悪説にもとづき、クレジットカードなどの利用限度額も借入の計算に関係しますので必要のないカードは解約しておきましょう。その他センターリンクからの手当てなども含め何がどのように関係してくるかに関しても弊社で分かりやすく説明させていただきます。

2. 物件の種類、エリアと予算を決める(一軒家、タウンハウスもしくはユニット)

家族構成や予算によってある程度は決まっているかもしれませんがそれぞれに長所と短所があります。

一軒家の場合にはまさに一国一城の主という達成感を味わえ、自分のドリームハウスに建て替えることも可能です。ユニットなどのように他の住人にあまり気を使わなくて済むというメリットもあります。ですが、庭の手入れや修繕など色々と手間がかかることに加えすべて自己負担となります。建て替えとなると建築士への図面依頼、地域のカウンシル(市役所のような管轄)からの許可、建設業者の見積もり手配など大変な作業が生じるかもしれません。

タウンハウスの場合には一軒家に近い自由な感じはしますが区画内での集合住宅なので管理費などが4半期ごとにかかります。屋内のキッチンなどの改装にも管理組合の許可が必要となります。

ユニットの場合にも管理費などはかかりますが、公共の施設としてプールやジムなどが併設されているものも少なくありません。また、改装などの際には管理組合からの許可が必要となります。

タウンハウスやユニットは管理費がかかるのでもったいないとおっしゃる方もよくいらっしゃいますが一軒家でも庭や建物の維持費や修繕費でかなりのコストと時間が必要となる場合もあります。

日本では一生に一度という覚悟で買われる方が多いかもしれませんが、オーストラリアでは不動産価格の高騰を背景に値上がり分での買い替え、もしくは新しく購入し投資に回すという方法もよくあります。

またお子様を公立の学校でと考えていらっしゃる方には学校の評判も非常に気になるところではないでしょうか。もしご興味あれば下記の(??)公立校のランキング一覧のリンクご参照ください。

3. インスペクション

物件の種類、エリアと予算が決まればあとは気に入った物件が見つかるまでとにかくインスペクションあるのみです。共働きでしたらおそらく土曜日は1日中インスペクションに費やすことになるかもしれません。しかし、完全に希望通りの物件を探すのは難しいので妥協点に関してもパートナーと話し合われてはいかがでしょうか。

4. 価格交渉

良い物件が見つかっても価格がネックになることもしばしばです。まずは不動産の担当者から売りに出ている理由、他の買い手からのオファーのう、無、目安の価格帯など粘り強く聞き出し交渉しましょう。不動産は早く高く売りたいものです。そのため、他の購入希望者からのオファー額を基に値段のつり上げなどプレッシャーを掛けてくるケースもあります。しかし、焦らず慎重に納得のできる価格でサインをしましょう。また、購入価格の0.25%を支払うことで仮押さえできるケースもありますので不動産の担当者に確認してみてください。

5. 契約

価格面で合意すればあとは署名のみ。通常、契約日に10%のデポジットを小切手もしくはインターネットバンキングで指定の口座に振り込む必要があります。NSW州では契約日から5営業日はクーリングオフが可能となりますが購入価格の0.25%は差し引かれます。(オークションの場合にはこのクーリングオフは適用されません)

6. ローン申請に必要な書類の準備

2年間の確定申告書や購入予定の不動産売買契約書、バンクステートメントなど必要な書類をお送りいただいた後、ローン申請書類を作成して借入予定の金融機関に提出いたします。

7. ローンの仮承認(プリアプルーバル)

金融機関ではすべての書類を受け取ってから通常2~3日以内に仮承認が下ります。

8. 生命保険などへの加入

日本のように死亡時に住宅ローンが免除となる保険はないので万が一のことがあれば手放さなくてはいけなくなるかもしれません。多額のローンを抱えるわけですから生命保険などへの加入を強くお勧めします。

9. ローンの正式な承認

正式にローンの審査が通れば、金融機関は“Letter of Offer”と呼ばれる契約書を作成します。

10. ローン契約書への署名

署名する前に契約するローンの詳細を確認しましょう。不明な点はもちろんご説明いたします。

11. 残りのデポジットの支払いと決済への準備

残りのデポジットや印紙税などの支払いも5日前となります。また銀行側が実際に物件の評価額を出すために足を運ぶ場合もあります。

12. 決済

契約日から6週間となります。決済後の引っ越しの準備や家具の購入、キッチンの改装見積もりなど、なるべく早い段階から準備しましょう。これで物件の所有者となります。

13. 家屋・家財保険に加入

実際に引っ越す前に家屋・家財保険に加入しましょう。

1. 借入限度額を知る

不動産購入を検討される際に最初にすべきことは現在の自分たちの収入でいくらまで借りられるかを知ることではないでしょうか。

できれば20%の頭金を用意してLenders Mortgage Insuranceの負担を避けたいところです。また、注意したいのは購入までは転職を控えることです。というのも好条件のホームローンが適用されるためには最低2年以上雇用されているという条件がほとんどの金融機関で求められるからです。

まだお子様のいない共働き世代が一番借入額が高くなる可能性があります。さらに性悪説にもとづき、クレジットカードなどの利用限度額も借入の計算に関係しますので必要のないカードは解約しておきましょう。その他センターリンクからの手当てなども含め何がどのように関係してくるかに関しても弊社で分かりやすく説明させていただきます。

2. 物件の種類、エリアと予算を決める(一軒家、タウンハウスもしくはユニット)

家族構成や予算によってある程度は決まっているかもしれませんがそれぞれに長所と短所があります。

一軒家の場合にはまさに一国一城の主という達成感を味わえ、自分のドリームハウスに建て替えることも可能です。ユニットなどのように他の住人にあまり気を使わなくて済むというメリットもあります。ですが、庭の手入れや修繕など色々と手間がかかることに加えすべて自己負担となります。建て替えとなると建築士への図面依頼、地域のカウンシル(市役所のような管轄)からの許可、建設業者の見積もり手配など大変な作業が生じるかもしれません。

タウンハウスの場合には一軒家に近い自由な感じはしますが区画内での集合住宅なので管理費などが4半期ごとにかかります。屋内のキッチンなどの改装にも管理組合の許可が必要となります。

ユニットの場合にも管理費などはかかりますが、公共の施設としてプールやジムなどが併設されているものも少なくありません。また、改装などの際には管理組合からの許可が必要となります。

タウンハウスやユニットは管理費がかかるのでもったいないとおっしゃる方もよくいらっしゃいますが一軒家でも庭や建物の維持費や修繕費でかなりのコストと時間が必要となる場合もあります。

日本では一生に一度という覚悟で買われる方が多いかもしれませんが、オーストラリアでは不動産価格の高騰を背景に値上がり分での買い替え、もしくは新しく購入し投資に回すという方法もよくあります。

またお子様を公立の学校でと考えていらっしゃる方には学校の評判も非常に気になるところではないでしょうか。もしご興味あれば下記の(??)公立校のランキング一覧のリンクご参照ください。

3. インスペクション

物件の種類、エリアと予算が決まればあとは気に入った物件が見つかるまでとにかくインスペクションあるのみです。共働きでしたらおそらく土曜日は1日中インスペクションに費やすことになるかもしれません。しかし、完全に希望通りの物件を探すのは難しいので妥協点に関してもパートナーと話し合われてはいかがでしょうか。

4. 価格交渉

良い物件が見つかっても価格がネックになることもしばしばです。まずは不動産の担当者から売りに出ている理由、他の買い手からのオファーのう、無、目安の価格帯など粘り強く聞き出し交渉しましょう。不動産は早く高く売りたいものです。そのため、他の購入希望者からのオファー額を基に値段のつり上げなどプレッシャーを掛けてくるケースもあります。しかし、焦らず慎重に納得のできる価格でサインをしましょう。また、購入価格の0.25%を支払うことで仮押さえできるケースもありますので不動産の担当者に確認してみてください。

5. 契約

価格面で合意すればあとは署名のみ。通常、契約日に10%のデポジットを小切手もしくはインターネットバンキングで指定の口座に振り込む必要があります。NSW州では契約日から5営業日はクーリングオフが可能となりますが購入価格の0.25%は差し引かれます。(オークションの場合にはこのクーリングオフは適用されません)

6. ローン申請に必要な書類の準備

2年間の確定申告書や購入予定の不動産売買契約書、バンクステートメントなど必要な書類をお送りいただいた後、ローン申請書類を作成して借入予定の金融機関に提出いたします。

7. ローンの仮承認(プリアプルーバル)

金融機関ではすべての書類を受け取ってから通常2~3日以内に仮承認が下ります。

8. 生命保険などへの加入

日本のように死亡時に住宅ローンが免除となる保険はないので万が一のことがあれば手放さなくてはいけなくなるかもしれません。多額のローンを抱えるわけですから生命保険などへの加入を強くお勧めします。

9. ローンの正式な承認

正式にローンの審査が通れば、金融機関は“Letter of Offer”と呼ばれる契約書を作成します。

10. ローン契約書への署名

署名する前に契約するローンの詳細を確認しましょう。不明な点はもちろんご説明いたします。

11. 残りのデポジットの支払いと決済への準備

残りのデポジットや印紙税などの支払いも5日前となります。また銀行側が実際に物件の評価額を出すために足を運ぶ場合もあります。

12. 決済

契約日から6週間となります。決済後の引っ越しの準備や家具の購入、キッチンの改装見積もりなど、なるべく早い段階から準備しましょう。これで物件の所有者となります。

13. 家屋・家財保険に加入

実際に引っ越す前に家屋・家財保険に加入しましょう。

ウェブからのお問い合わせ タックスリターンお申し込み
初めてのローン

頭金

ホームローンの種類

政府からのサポート

購入までのプロセス

追加オプション

貸手抵当保険