オーストラリア、シドニーのファイナンシャル・プランニング、税務会計、住宅ローン

物件選び

投資物件選び

投資物件を選ぶ際に最も大切なことは、感情ではなく頭で考えることです。自分が住むわけではないため、客観的に借り手から見た魅力的な物件選びが重要です。また修繕費など管理のしやすさもポイントとなります。
特に考慮すべき点は下記の3つです。

ロケーション
多くの人は住む場所を探す際に、公共交通機関の利便性、学校やレストランやショッピングセンターなどの施設が近くにあるかなど、ロケーションを気にするでしょう。予算内のサバーブにしぼってロケーションを吟味することで投資に最も適したエリアを探せるでしょう。理想のエリアを決めたら下記の点を調べましょう。
空き室率
平均販売価格
平均家賃価格
人口増加率
将来的なインフラ予定

不動産の種類
最初の段階で投資する不動産のタイプを決めることが重要です。

アパート
最もリーズナブルなアパートを選べば中心部に近い高い利回りが狙えます。管理会社に委託するので修繕など管理の手間は省けますが、ストラータなどの管理費は高くつくことになるます。

一軒家
土地を保有することは資産価値上昇の機会となります。そのため一軒家は非常に人気があります。一般的に一軒家には修繕費など管理コストがかかりますが改築などによって市場価格を上げるチャンスもあります。また様々な世代に人気で、長期的な借り手を見つけやすいという利点もあります。

タウンハウスやヴィラ
タウンハウスやヴィラはアパート購入と同じメリットがありますが管理費や修繕費が安くなります。土地のサイズは一軒家よりずっと小さくなるため、アパートと一軒家の中間の選択枝といえます。

新築もしくは中古物件
新築物件
綺麗でモダンな新築物件は設備も全て新品のため修繕費などの出費は少なく、万が一何か問題があっても保証でカバーされることが多いでしょう。減価償却も大きいため、節税効果は高くなります。借り手にも魅力的で、より高い家賃収入が見込めるかもしれません。

中古物件
中古物件は新築よりずっと購入しやすい価格となるので家賃収入がどれくらいになるのかというリサーチが事前に必要となります。また古い家などは修繕費や改装費など購入時に大きな出費があるかもしれません。購入前にペストインスペクションやビルディングインスペクションを入れて状況を把握することは必須です。

じっくりと時間をかけて情報収集することが不動産投資で成功するカギとなります。色々な分野の専門家を味方につけて納得のいく物件を見つけ戦略的な投資を始めましょう。

    ウェブからのお問い合わせ タックスリターンお申し込み
    投資物件

    投資戦略

    物件選び

    ローン選び

    購入プロセス