オーストラリア、シドニーのファイナンシャル・プランニング、税務会計、住宅ローン

スタッフ紹介

山下ひろみ

University of Wollongong Master of Commerce and Professional Accounting (会計大学院) 卒
早稲田大学商学部卒
オーストラリアCPA Associate member

小学生の頃通っていた英会話スクール主催のオーストラリアショートステイで初来豪。気候や環境に魅了され、「老後はオーストラリア」が口癖となる。

早稲田大学在学中に会計士試験に挑戦するが断念。就職活動時期になるが、会計士の夢を諦めきれず、オーストラリアの大学院進学を決意し、2013年に来豪。

卒業直前、オーストラリアでの永住&就職の可能性を模索する為にシドニーでの日本人の集まりに参加、弊社でのインターンの機会を頂く。インターン終了後はAssistant Accountantとして、 記帳代行から税務まで幅広い業務を担当。

技術独立移住ビザにて無事永住権を取得し、2019年6月CPA試験に合格。

会計・経理業務は、会社の経営状況を数字という形に落とし込むことができる大切な作業です。

ただ時に複雑で、どうしても時間を要してしまう部分だと思います。

お客様には少しでも多くの時間を本業に注いで頂けるよう、効率的かつ正確に、だからといって「会計士が何をしているかわからない」というような不安感を与えないよう、常にお客様とのコミュニケーションを通して、安心してお任せ頂けるようなサービスを心がけております。

オーストラリアの日本人コミュニティに貢献できるよう、日々勉強、日々成長を胸に邁進します。

倉持奈都子

 現場経営の架け橋になりたい!経理エキスパート

スポ魂でたまたまスポーツが強い高校が商業高校に通ってたことから、10代から簿記の授業に触れる機会があり「貸借対照表」と「損益計算書」が必ず一致する!!という明快な仕組みに当時ある種の爽快なスッキリ感に感動を覚え、どのような事業でもこのような商業簿記で成り立っているものかと面白みを感じたのを今でもよく記憶しています。

学生時代は、当時お笑い芸人の猿岩石に刺激され海外旅行が趣味。アジア各国には何度も足を運びました。その乗りの延長戦で、社会人になってから個人旅行で出かけた先で代表の倉持と出会い、ご縁会って来豪後は留学エージェント、製造業、輸入業社など様々な業種で経理実務の経験を積み、現在は主に弊社の記帳代行の部門でサポートをさせていただいております。

来豪するまで大学卒業後の新社会人としての約3年間は、オーガニックフード専門でチェーン展開する小売店業で店舗マネージメントや、各店舗の損益計算書をみながら営業促進のお仕事を経験。
いつも日々の予算・実績、そして現場での販促・改善を叩き込まれ、日々営業活動が導く数字を強く意識しながら現場にどっぷりつかって経験させていただいたことから、現在、現場から裾野離れ経理・会計のいわゆる裏方業に携わっていても、
決して「経理・会計のお仕事が単なる税務処理の一環業務」としては捉えず、また経営の現場と会計を切り離して考えることが出来ず、この20代での営業経験が私のマインドに深く結びついております。

私にとっての会計……「会計は現場の活動が強く結びついたもの」「現場ではどのようなことが起こりこのような数字に結びつくのだろう」という自身の思考に基づき、積極的にお客様とのより効果的な(=経営に生きる)コミュニケーションを意識しながら、今後も取り組んで参りたいと思います。

資格

  • BAS Agent, Diploma of Accounting/ Insolvency and Trustee Service Australia – 2010
  • 全経簿記検定1級
  • 全勝簿記実務検定1級
  • 日商簿記2級

佐藤 奈保子

徳島文理大学音楽部音楽科 卒
Central Queensland University Master of Professional Accounting 卒

日本にて医療事務、医療用コンピューター営業経験を経てオーストラリア人の友人に勧められるままWorking Holidayにて初来豪し、2年間オーストラリアで自由を満喫。

その後、オーストラリアで働いてみたいという気持ちが高まるが家庭の事情で一時帰国。学生ビザを取得し再来豪した後、知り合いのビザコンサルタントに勧められ大学院会計学科に進学。

これまで自分が学んできたこととは専門外の学科でさらに英語環境の授業や試験ということもあり大学生活はプレッシャーで一杯でしたが、周りの助けもありなんとか卒業。

また、学生の時に運良く友人に紹介された運送会社でアドミニの仕事を獲て、Bookkeeperの仕事を覚えられたことが現在の私に多大なる影響を与えてくれました。

現在はBookkeeperの仕事を続けており、また今年度より倉持会計事務所に所属し日々勉強させていただきながら会計・経理業務に携わっています。

「一期一会」を座右の名とし、一瞬一瞬を忘れないように。また、仕事においても人と人との繋がりを大事にしていきたいと思っております。

 

小川ゆり

いつからかぼんやりと海外に対して憧れがあったものの、遠いものだと認識していた。しかし修学旅行でオーストラリアを訪れたことが転機となる。現地で出逢った同年代の学生たちと拙い英語ながらもコミュニュケーションが取れた時の喜び、そしてオーストラリアの自然と都市の融合に魅了され、帰国する頃には次はいつ来れるだろうかとばかり考えていたのを覚えている。この時の経験が基になって、オーストラリア留学を決意。

当時お世話になったエージェントの方の勧めもあり、シドニー工科大学で会計の勉強を始める。大学入学とともに留学の華々しいイメージは崩れ去り、これまで多くの壁にぶつかるも、周りの助けもあり一つ一つ乗り越えてきました。

在学中に弊社でインターンシップの機会をいただき、現在も大学に通う傍ら、様々な業務に携わらせていただいております。一日でも早く皆様に信頼される存在となれるよう、一つ一つのお仕事に真摯に向き合い、常に学ぶ姿勢を忘れずに業務に取り組んで参ります。

事務所案内

代表紹介

弊社の強み

社会貢献

メディア

ブログ

スタッフ紹介